検討中のお着物リスト

-



  • 着物レンタル365を初めて利用される方へ
  • サイズ表
  • お近くの着付けサロンを探す
  • お客様の声
  • 着物ブログ
  • 複数割引キャンペーン
  • お友達紹介キャンペーン
  • 動画で見る着物の知識
  • メディア掲載情報
  • 満足度保障返金制度
  • 着物レンタル365コラム
  • facebook

レンタル状況

 

※バツ印の日程は、既にご予約済みとなっております。ご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 検討リストに追加
  • 着物一覧へ戻る

この商品を見た人の数 : 4691

おぼろ染め 訪問着 No.011-0880-L

星星星星星
5.0/点 (レビュー件数 / 3件)

淡いグリーンの地におぼろ染めが施された訪問着です。選び抜かれた職人に括られた緻密な絞りにより、輪郭をほんのりかすめて濃淡にぼかした染めで小花が表現されています。さらにポイントには金糸サガラ手刺繍を配し、絞りの細かい柄に呼応した立体感を感じさせます。正倉院文様の帯と合わせ、派手過ぎず地味すぎず、幅広い年代の方に着やすい一着になっています。

★おすすめポイント★
ブルー系の緑の地色、なかなか珍しいのではないでしょうか。どの季節にも合う万能色です。

>> 着物のお問い合わせ

レンタルでお申し込み

レンタル価格 :
39,800円(+税)

>> レンタルの流れ

- 着用日を選択して下さい
ご着用者様のサイズを選択してください。
身 長
ヒップ
足のサイズ
- 足袋

>> 未使用品の足袋とは

- 安心パック

>> 安心パックとは

レンタルを申し込む

オプション小物はこちら

下見でお申し込み

下見価格 :
3,000円(+税)
- 下見希望日
ご着用者様のサイズを選択してください。
身 長
ヒップ

下見を申し込む

セット内容

セット内容イメージ

着物・帯・帯〆・帯揚・重ね衿・長襦袢(半衿付き、ポリエステル)・肌着(ワンピースタイプ)・補整用ガーゼ(さらし)・ウエスト補整・足袋・衿芯・腰ひも5本・帯枕・帯板・伊達〆・マジックベルト・コーリンベルト・草履・バッグ
※帯枕は横幅が長いものもご用意しております。ご希望の場合は予めお問い合わせください。

※セット内容の草履バッグは、基本的にエナメル素材の金銀のものをお送りいたします。変更をご希望の際は、緑の「オプションはこちら」ボタンより有料オプションをお選びください。

サイズ

身  長 身丈 袖丈 ヒップ 前幅 後幅
L(163cm〜170cm) 173cm 68cm 49.2cm 98cmまで 24.6cm 30.3cm

>> 裄・身丈などの詳しい詳細サイズ対応表はこちらから

素材

正絹

ご利用のご注意

※上記付属品はレンタル料金に含まれます。
※補整に必要なタオルなどは、着付け師さんにご確認の上、ご用意ください。

この商品に対するお客様の声(レビュー)

お客様の声へ投稿する

この商品について、お客様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。
あなたの感想を皆さんに伝えてみませんか。

- お気に入り度 星 星 星 星 星 5.0/点
- 梱包の状態 星 星 星 星 星 5.0/点
- 応対・サービス 星 星 星 星 星 5.0/点
  • 2017/03/26 投稿者 : ご購入者 様 おすすめレベル:★★★★★

    ご購入者様レビュー
    下見でレンタルをしてから決めました。下見をすると自分に合う合わないかがよくわかり利用させて頂いてよかったと思いました。
    着物もとても素敵なもので、小物もきちんと揃っており、とても満足でした。
    しいていえば、ビニールの袋にまた入れて戻す時に袋に全部入れるものが書いてあるとわかりやすいのかなと思いました。
    それと翌日に返却なので、すぐにまたなおさないといけないというバタバタ感がありました。1日余裕があると助かります。
  • 2016/11/07 投稿者 : お客様の声より 様 おすすめレベル:★★★★★

    お電話で本当に親切に相談に乗ってくださいました
    オプションのパーティーバッグについてお電話で本当に親切に相談に乗ってくださいました。大変お世話になりありがとうございました。
    (お客様の声より)
  • 2016/03/15 投稿者 : いいだ 様 おすすめレベル:★★★★★

    ご購入者様レビュー
    帯、小物との色のパランスも良く、高級感がありました。
    おぼろ染めが優しい印象で素敵でした。

訪問着の豆知識

訪問着は、胸・肩・袖・裾などに模様がつながる様に染められた着物です。
結婚式・披露宴・入園式・卒園式・入学式・卒業式などで着用できる略礼装です。
パーティーや観劇、お出かけなどにもおすすめです。
「単衣」、「夏」の表記がないものは袷の着物となっています。
「単衣(ひとえ)」裏地である胴裏と八掛を付けない単衣(ひとえ)仕立てのものは、6月、9月に着用します。
現代では地域や気温に合わせて調節され、5月などにも着られます。
「夏物」裏地のない単衣仕立てで、薄くて透ける生地の夏物の着物は盛夏の7月~8月に着られ、薄物とも呼ばれます。
帯〆・帯揚や長襦袢も夏物をセットにしてお届けします。